くらサンブログ

熊本のいろいろな文学、歴史をご紹介。日本に、アジアに、世界に熊本の魅力を発信するハッピーブログ

グランピングに持っていくべき行かないべきグッズ一覧と、グランピングの想定外の効果とは!?

f:id:thnmsr:20190923153201j:plain

これから初めてのグランピングお考えの方必見
18年頃から全国的に展開されているグランピングですが、大分県くじゅうにある「花の星のグランピング」にいってきました。

 

 

f:id:thnmsr:20190923154830j:plain

お花が沢山植えてあります。

花と、森林の緑とテントの白のコントラストが良い!

 

f:id:thnmsr:20190923160352j:plain



グランピングは、キャンプ経験ゼロでも本格的なアウトドアキャンプを楽しめるアクティビティですが、既に2か月先まで予約済で、ぼくもキャンセル待ち状態でした。しかし、先日お店側からキャンセルが発生したという電話があり、すぐに予約を入れて行ってきました。

f:id:thnmsr:20190923160411j:plain

初めてのグランピングでしたので、同じように何を準備したらよいのかわからない方がいらっしゃると思いますので、何を準備をしたらよいか、色々紹介したいと思います。
グランピングに興味がある方って、本格的なキャンプのように火を熾(おこ)したり、テント張ったりまでは遠慮するけど、おしゃれそうだとか、インスタ映えしそうだとかで、興味を持たれている方が多いと思います。結論から言いますと、グランピングは、ホテル宿泊とほぼほぼ同じと考えてもらっていいです。全部施設側でやってくれます。手ぶらOKです。なので軽い気持ちでグランピングを楽しんでいただきたいと思います。

 

 

 

グランピングとは?

グランピングとは、グラマラス(glamorous)なキャンピング(camping)ということで、2つのコトバを掛け合わせた造語です。

アウトドアなんだけど、ホテルにいるようなベッドだったり、食事もBBQであれば焼くだけの準備や下ごしらえがしてあったりフレンチ、イタリアンであったり、普通のキャンプでは味わえない体験が出来るスタイルで、18年頃から全国各地でグランピング施設が出来ているようです。

ようはアウトドアではありながらもホテルのような居心地を楽しめる、要はハイブリッドな最新アクティビティなのです。


メリット

・自分たちでテントを設置したり、解体しなくて良い

・チェア、テーブルは持って行かなくて良い。(人数分は準備されます)

・重たい荷物を運搬しなくて良い。 あってもコンシェルジュがテントまで持って行ってくれる

・食材の購入が不要。

・食事の準備を全て店側でやってくれる。  

  ※BBQだと食材を切って、火を起こしま、焼くだけの状態まで準備してくれる。  

  ※BBQ以外であれば、レストランで食事・ベッド、ソファ完備。またベッドメイキングもしてくれる。

・食事の準備にかかる時間を削減し、空いた時間で他のアクティビティに使える。


デメリット

強引に出してみました。。。

  • テレビがない。冷蔵庫がない。
  • トイレ、シャワーが遠い。お風呂は無い。
  • BBQ以外を選択した場合は、食事の時間が決まっている。(好きな時間に起きて、好きな時間に食事できない。『ホテルと同じ』)


持って行った方がいいもの

  • 夜食、追加のお肉、食べ物     

施設によっては、BQQがないところもあるので事前にBBQができるか確認が必要。「花と星グランピング」では、BBQ施設はありませんでした。(2019年/9月現在)  

飲み物(アルコール、お茶、水) 

食事中の飲み物は提供されますが、夜や朝テントの中で飲むとき用です。  自販機も当然ありますが高いので持参した方がオトクです。

  • 3、虫よけスプレー  

こちらも施設に設置してあると思いますが、小さ目の携帯サイズのものがあると散歩や、施設外に出掛ける際に、持ち歩けるので便利です。

  • 4、クーラーボックス  

冷蔵庫は有りませんので持って行った方がよいです。  

※設置されているとこをもあるようなので、事前に確認しましょう。

  • お風呂セット

タオル、バスタオル、シャンプー、ボディソープは念のため持って行った方がいいでしょう。小さめのタオルも複数枚有ると便利です。

  • 望遠鏡     

施設によっては置いてあるところもありますが、ご自分のものがあれば持参した方が良いでしょう。   

  • 紙コップ  

テント内用です。

  • 懐中電灯  

1つは施設に準備してありますが、分かれて移動したりするときがあるので、1つは持って行った方が良いです。

持って行かなくていいもの

  • 食材 

夕食、翌日朝食含めて全てお店側で準備していただけます。何も持っていく必要はありません、 もし足らないと感じたら持参しましょう。

  • チェア

 予約人数分は施設側で準備されます。不要です。

  • テーブル

テント内、外にも人数分のチェアと、テーブル1つが準備されています。   ハンモックが置いてあるところもあります。子供は大喜びです。

  • 布団一式

ベッドに、毛布、布団が完備されていますので不要です。

  • 暖房器具 

 火が使えないので電気ストーブが設置してあります。

  • ケトル

  設置してあると思います。

  • コップ

  紙コップあります。  

夜の過ごし方

大体夕食は20時頃には終わり、テントに戻ります。テント内には、当然テレビがないので就寝するまでは、家族や仲間と会話をしたり、オセロやカードゲームを楽しむことが出来ます。また望遠鏡も設置しているので、晴れた日の夜は満点の星空を体験できます。テントの中で過ごすことになります。ゆっくりとした貴重な時間を過ごすことが出来ます。

また翌日は、天気がよければ最高の日の出を見ることが出来ます。

f:id:thnmsr:20190923154532j:plain

すばらしいです。元日にこの日の出をみたいですね。

気づき ~グランピング家族・夫婦円満になる!?~

家の中では、毎日毎日一緒に過ごして同じ空間の中にいても、スマホやゲームが個人の中心となり、家族や夫婦の会話が少なかったりします。特別な内容ではなくて、今日会社、家でこのようなことがあったんだけど・・・とか、たわいもない会話って家族、夫婦では必要かと思います。
最近は信じられないような悲しい事件、毎日目にします。これってやっぱり圧倒的に会話量が少ないところが諸悪の根源であると、ぼくは思います。

僕たちの場合、共働きでなかなか一緒にいる時間がとれないので、夜は家では出来るだけ会話をするよう心がけていますが、やっぱりエラーは発生します。言った言わない。メッセージが伝わっていない。理解されていなかったことや、うっかり忘れてしまったなどいろんなエラーが発生するんです。日ごろの会話がないともっと間違い勘違いが発生すると思います。ましてや思春期を迎えた年頃のお子さんのお持ちの方はなおさらです。。
それくらい会話をしても誤解をする可能性はゼロにならないのですからだから日ごろから会話の量を一定以上に保つことです。たわいもない会話でもいいんです。そういうところから誤解・勘違い・聞いていないなどのエラーを防げますし、新たな気づきを与えてくれるのですね。
家族・夫婦秘訣は「多くの会話量だ」ということ。それを絶好の環境を作ってくれるのがグランピングということです。

グランピングの話がなぜか家族・夫婦円満の話に発展してしまいました。
というわけで、初めてのグランピングについて語りましたがいかがだったでしょうか。なんとくなくですが理解できましたでしょうか。次回からは体験したグランピングを2回に分けてレビューしたいと思います。

 

www.keishi414270.com