くらサンブログ

熊本のいろいろな文学、歴史をご紹介。日本に、アジアに、世界に熊本の魅力を発信するハッピーブログ

頭が良い人の多くは使っているノートはこれ。自分の目標、夢がかなうツールる紹介立つノートを買ったよ

ついに、石田塾の12期がスタートした。
これからの半年間にどれだけ、出来るだけ沢山のPDCAを廻して、どれだけ多くの事を吸収できるかがカギになるかと思っています。これからサポートの方々からのコメントや、叱咤激励、響いたコトバ、自らの気づきを記録して半年後も生きた言葉として活用するためになにか良いメモアプリはないものかと物色したのですが、なかなかしっくりくるものが無かったのですが、先日何気にTUTAYAにふらっとはいったところ、良いものを見つけたので紹介したいと思います。


それがこれ。
「STUDY PLANNING NOTEBOOK」

 

GAKKENから発売されており、表紙はシンプルです。1ページ目に最終ゴールを設定し、下の段に月毎の目標を書けるようになっています。次のページからは見開きで、一週間が俯瞰できるようになっています。MEMO欄に月毎の目標から更に一週間ごとにブレイクダウンした目標値が書けるスペースがあります。デイリーの欄には、日々予実績や、気づき、指摘事項を記入できるようになっています。もし何もフィードバックが無かった日は、真っ白というわけです。この真っ白ページが増えてくると、自分を追い込めて、「やらなければ!」というカンフル剤にもなりそうですよね。肝心のページ数であるは、31週間分記入出来る。約半年は十分書き込める計算。
まさに石田塾の進捗書き込むのに最適ではないかということで即買いでした。価格は400円

このノートの他の使い道として、年初めに決めたやることリストや、日々の仕事の成果、日記を書いたりも出来そうですよね。

さっそく記入してみた。
まだ目標値をかいたところではあるが、最初にかいたとおり進捗がないとブランクになる。そうなると性格的に落ち着かなくなるのでなんらかの作業をしたい感情にかられる。
やはり最初に動き出すのには大きなエネルギーがいると石田氏も言われていたように
気合でだけでは続かないこともあると思うので、便利ツールを使ってモチベーションが維持出来れば400円で管理できるノートは、個人的には。かなりお得な買い物であった。
もちろん石田塾以外でも、勉強や、プロジェクトや、年始の目標を書き出したりしても
良いと思う。